やばい取り立てはない

 
消費者金融からお金を借りることは、以前まではキャッシングというカッコイイ言葉で呼ばれていましたが、一昔前まではサラ金と呼ばれていました。また、一昔前までは、サラ金からお金を借りて返済ができないと、恐ろし取り立てに合うと考えれていたので、消費者金融に対する取り立てのイメージもいまだに払拭されていません。実際のところはどうなのでしょうか。

怖い取り立てはない


今でも消費者金融からお金を借りると、返済ができなかった場合は恐ろしい取り立てにあう、ヤクザ風の人が取り立てに来て、罵声を浴びせられるなどと想像している人が多いのですが、実際にはそんな取り立てはありません。消費者金融業者はどこも貸金業者として、金融庁に届け出をしています。貸金業者の取り立て行為には法的な制限が加えられています。つまり、消費者を脅したり、夜間に取り立てをする行為は固く禁止されているのです。消費者金融大手もしても知られるアイフルは、一部上場企業にも関わらず、ドラマさながらの取り立て行為を行っていたため、一定期間業務停止命令を受けたのは、まだ記憶に新しです。

闇金融は違う


正規の金融業者として届け出をしてある消費者金融とは違い、違法操業している闇金融は事情がことなります。彼らは法律の範囲で営業をしていませんので、返済が遅れれば容赦なく罵声を浴びせられます。勤務先や家族の元にも、容赦なく取り立てにきます。このような業者からお金を借りた場合は、貸金業法の説明をしても取り合ってもえませんので、くれぐれも注意しましょう。
 

関連記事

やばい取り立てはない

消費者金融からお金を借りることは、以前まではキャッシングというカッコイイ言葉で呼ばれていましたが、一昔前まではサラ金と呼ばれていました。また、一昔前までは、サラ金からお金を借りて返...

自己破産する人が減った

2010年以前は、消費者金融から借りたお金を返済することができず、借金は雪だるま式に膨らみ、自己破産をする人達が後を絶ちませんでした。しかし、2010年に完全施行された改正貸金業法...