自己破産する人が減った

 
2010年以前は、消費者金融から借りたお金を返済することができず、借金は雪だるま式に膨らみ、自己破産をする人達が後を絶ちませんでした。しかし、2010年に完全施行された改正貸金業法の影響で、年収の3分の1を超える貸し付けも借り入れもできないということがルール化されため、以前よりも自己破産をする人は格段に少なくなりました。

ごまかすことはできない


総量規制の影響で年収の3分の1を超える借り入れができなくなってしまったわけですが、一部の方達はごまかせるだろう、と今でも考えています。しかし、消費者金融からの借入履歴は信用情報機関にデータが残ってしまうため、嘘をついてもすぐにばれてしまいます。また、この信用情報機関には滞納履歴も事故情報として登録されます。そのため、何度も返済が遅れているような人は、他社を含めて新たな借り入れができなくなってしまうのです。

銀行カードローンなら借りられることも


消費者金融からお金が借りられない方でも、銀行カードローンならお金を借りられることがあります。なぜなら、銀行は貸金業者ではないため、総量規制の対象外だからです。それなりに収入がある方であれば、銀行カードローンを申し込んでみる価値はあると思います。尚、銀行なので、審査は消費者金融よりも若干厳しいと言われています。週に2日、3日しか仕事をしていないフリーターが申込をしても、審査に落とされてしまうことの方が多いでしょう。
 

関連記事

やばい取り立てはない

消費者金融からお金を借りることは、以前まではキャッシングというカッコイイ言葉で呼ばれていましたが、一昔前まではサラ金と呼ばれていました。また、一昔前までは、サラ金からお金を借りて返...

自己破産する人が減った

2010年以前は、消費者金融から借りたお金を返済することができず、借金は雪だるま式に膨らみ、自己破産をする人達が後を絶ちませんでした。しかし、2010年に完全施行された改正貸金業法...